2018年4月15日日曜日

ダイエット10kg減らすことを目標に約3ヶ月間やってみた結果

 2016年に新しい環境に変化したことをきっかけで、暴飲暴食を続けていた結果、1年後には前年体重比110%以上を記録するほど体重が増加してしまい、昔の姿は見る影もなくなってしまったことをきっかけに、去年の夏から秋にかけて増えすぎた体重をリセットすることを決意しました。
目標は「10kgの減量」と設定し約3ヶ月間のダイエット計画を立て、そのときの結果、何をしてきたかについて書いていきます。

ダイエット初期・計画

なにをするにしても計画は大事だよね。その計画をもとに行動していこうと考えたゲソは、運動メニューと、食事メニューの計画を立てて、その計画に沿ったダイエットを実行することに。
ダイエット当初の体重は72.1kgで10kgの減量なので、目標は62.1kgと設定。
実際に立てた計画は【肉体改造計画トレーニングメニューの作成】、【肉体改造計画食事メニュー作成】で作成しました。

1ヶ月目(旧習慣と新習慣のギャップとの格闘期)

計画を立て、それではダイエットスタートです。なんてことはそうそうできなかったです。誰もがぶつかる「始める時の壁」に私ゲソも例にもれずぶつかってしまい、運動・食事制限どれをとっても今までの習慣とは相当に変化があったので、気持ちが追いつかず計画通りにいかないことが多かった時期です。運動も普段はしないような筋トレをしたり、マラソン嫌いなのに30分のジョギングをしたりすることが本当に億劫になっていた時期でした。
【この頃の成績】
この頃は上でも書いた通り、今までの習慣が邪魔をしてしまし減量自体がうまくいっていなかった印象があります。ダイエットを決意する前までは、出されたご飯、もらったお菓子は全て完食することを心がけていたため、胃袋は拡張済みだったのです。そんな肥満生活のお手本とも言える生活から一転し「お菓子は食べない」、「ご飯は腹八分まで」なんてできるわけもなく何度も挫けそうになりました。言うまでもなくこの時期が一番辛かったです。それでも続けられたのは、周りからの冷ややかな目が励みになりました(笑)。人間意地になると大きな力を発揮すると言うか、「絶対ダイエット成功して見返してやる!!」なんても思い始めたからとも言えますね。
ダイエット1ヶ月目
画像1:ダイエット1ヶ月目の体重推移

2ヶ月目(新習慣に慣れ始め、成果がで始めた時期)

だんだんと新しい習慣への拒絶反応が薄れてきていて、ダイエットスタート時には食べないことがストレスになっていたのですが、逆に食べることが怖くなるという驚きの逆転現象が発生していました。食べること自体は好きなので、怖いと言うよりは太るような食を避裂け始めていました。そんなことよりも驚いたことは、筋トレや運動を始めてからは、体の調子が良い方向へ変化し始めたことですね。運動もせず年をとると、歩けなくなると言うことをよく聞きますが、こんな短い期間でもいろいろな症状が改善されたので、納得の説ですね。。
【この頃の成績】
この時期になると、体重への変化も目に見えて出てきてはいますが、当初の体重と比較しても2〜3kgほどでした。このころは運動もしていたのですが、食事制限がメインで、どうしても外せない飲み会などがあって思うように減量、記録ができず苦戦しておりました。それでも体重は増量ではなく、減量することができたことは大きな成果とも思います。
この時期は仕事の忙しさもあり、未計測が目立ってしまったこともあり、ちゃんとしたデータではないですが、記録をつける習慣もまだまだ身についていなかったですね。
ダイエット2ヶ月目
画像2:ダイエット2ヶ月目の体重推移

3ヶ月目(減量総決算期)

いよいよダイエット終盤となり、夜ごはんはレタスサラダを食べないと気が済まなくなってきており、完全に草食動物になっていました笑。ただ、夕食をサラダ(レタスメイン)にするとそこには落とし穴があって、それはレタスの値段次第でダイエット食が高くついてしまうこと。このころのレタスは異常なほど高くなっており、経済的に何個も買うことができなかったため、別の食べ物を探す暇もなく結局食べないという事態が起きてしまいました。さすがに1玉400円くらいになった時にはレタスは食べれませんでした笑。
【この頃の成績】
70kg以上あった体重もいよいよ60kg台へ突入したことにより、体重計の数字を下げることに以上に拍車がかかった時期でした。目標の10kgの減量まではあと一歩というところまではきたのですが、このあと一歩が遠い!本当に遠かった。
ダイエット3ヶ月目
画像3:ダイエット3ヶ月目の体重推移

3ヶ月間を振り返って

この約3ヶ月間の体重推移のをグラフ化したらこんな感じです。右肩下がりでとても順調に減量できているように見えますが、約3ヶ月間のダイエットを終えての最終結果は、68.5kgと-3.6kgの減量しかできませんでした。
ダイエット体重推移
画像4:ダイエット体重推移(全期間)
今回、目標の10kg減ぜんぜんできてないという結果になってしまったんですが、3ヶ月ではやっぱり10kg減量するにはゲソの生活スタイルからは難しい課題だったと実感しています。けれど、これは決して失敗とは思っていません。この3ヶ月間で、自分の肉体をもっと鍛えていきたいとも思えたし、なによりも生活にメリハリがついたことがゲソ自身にとっては一番の成果となった気がします。これまでの生活では余った時間はだらだらと過ごす日が多くあったのですが、ダイエットを決意してからは、少し早く仕事が終わった日には運動するなどして時間の有効活用することができるようになったことは非常に大きな一歩です。この3ヶ月間でのダイエットの課題点や、続けていきたい習慣もできたので、最後にそれをまとめていきます。
3ヶ月間の反省点
  • 食事制限だけでは限界がある。
  • 食べることは悪いことではない。
  • レタスを夜食にすると高くついてしまうことがある。
  • 体重計の数字を気にし過ぎてしまう。
  • レコーディングを忘れてしまう。
どれもダイエットではありきたりなことだとは思うけれど、ダイエットに失敗する人って実はこんなありきたりなことができていないことが原因じゃないのかなと思います。特に食事面では、しっかりと食べた方が後々を考えると良い結果が出せると思います。偏った栄養バランスだとやっぱり異様な痩せ方をしてしまい、体重計の数字は減っていくのだけれどもそれ以上に失うものも多くあると思います。やっぱり減量するのであれば健康的に痩せないと意味がないですよね。ゲソ自身も上記で挙げた項目についてはしっかりと次回のダイエット(まだやるんかい笑)では活かしていきたいと思います。
上記反省点の中で結構盲点だったなーって思うのが、レタスで夜食置き換えをやっていたのですが、始める時期次第では逆に諦める原因にもなりかねないです。というのも、ダイエット当初のレタスの値段は90〜120円程度で、とてもお手頃な低カロリー食品だったのですが、秋に近づくにつれて400円前後まで値段が跳ね上がっていました。これでは高過ぎて、金銭的にも続けられなかったので、次回は別の置き換え食を考えないとなと思います。
ダイエットを通して続けていきたい習慣
・肉体改造メニュー
これだけは続けていきたいと思います。と言うより、次回のダイエットでは肉体改造をメインとして頑張っていきたいと思っており、体重より体脂肪を減らしていく計画を立てております。

0 件のコメント:

コメントを投稿