2018年4月2日月曜日

超音波洗浄機を使って見た

 今回は超音波洗浄機(personal-α Ultrasonic cleaner)を購入したのでそれのレビューをしたいと思う。

購入経緯

 小物類の汚れがひどくなっていたので、それを洗浄したいと思いいろいろ調べていると超音波洗浄機に行き着いた。超音波洗浄機の仕組みは、とても細かい振動を起こし、これによって発生した音波で細部にこびりついている油汚れやほこりを取り除く効果があるという。これをキャビテーション効果といって、人の手では限界のある洗浄までできるので、非常に便利なもの。
 また調べているうちにいろいろなポイントを絞って今回も購入に至った。購入時のポイントは以下の通り。
購入時のポイント
購入時には次の点に絞って購入。※使い方を考えた結果
  1.5,000円以内のもの(これは一番大事)
  2.コンパクトで電池式ではないもの
  3.カゴ付き
  4.水槽の形状が大きい
  5.洗浄力がある(※1)

(※1)今回購入したものは43kHzのものを購入。この周波数が調べているうちに自分自身で勝手に決めた数字だが、より細かい振動がキャビテーション効果がでそうという勝手な思惑でこのくらいの周波数で洗浄ができる洗浄機を選択。

 ざっとこんな感じの機能で購入を決定した。特に5.の音波の圧が大きいものというのは注釈でも記述したが、より洗浄効果が得られるであろうというところで選択したので、数字自体にそこまで意味はないので悪しからず。

personal-α 超音波洗浄機

 今回購入したものは personal-α 超音波洗浄機。
personal-α Ultrasonic cleaner
画像1:超音波洗浄機化粧箱

 これが化粧箱。しっかりと表に「43,000Hz」の文字が印刷されていて
 中はこんな感じ。
personal-α Ultrasonic cleaner 内包物
画像2;箱の中全容
内包物
  ❶ 洗浄機本体
  ❷ 説明書
  ❸ 洗浄カゴ
 箱の中はいたってシンプル。説明書に本体が内包されている。本体の中にはカゴが入っており、これで小物類が洗浄後に取りやすくなっている。
本体価格
 アマゾンで結構な値引きがされていたのでついついポチってしまった。
  本体価格:¥4,500円
  送  料:¥       0円 
  合  計:¥4,500円
 とてもお手頃な値段だった。

本体仕様

本体仕様は購入ページから拝借
  • 電源・電圧:AC100V 50/60Hz
  • タイマー:ICタイマー付き(4分間オートオフ)
  • 電源コード長:1.1m
  • 消費電力:35W

洗浄してみる

実際に仕様した感を見ていこう。洗浄するものは1年以上手入れしていないメガネ。1年以上手入れしていないだけあって、レンズに指紋や、誇りが付着しており、結構汚れが目立ってきている。その汚れにごれたメガネを洗浄槽へドボン。備え付けのカゴがあるのだけれど、このカゴに入れると入りきらないので、カゴには入れず直接洗浄槽へ入れるこ
とに。あんまり内容量は多くない。

personal-α Ultrasonic cleaner で洗浄

スイッチオン

スイッチを入れると「ブー」と低い音が連続的に鳴り、細かい波紋が水面に浮かんできて、洗浄されている感がある。音自体はそんなに大きくなく、例えて言うなら、携帯のバイブがカバンで鳴っている時の音見たいな感じ。
personal-α Ultrasonic cleaner 洗浄中
画像4:洗浄中

評価

それでは、一連の使用が終わったので、本章冒頭であげた5つの項目に沿って今回購入した超音波洗浄機を自分の観点で評価して行くこととする。各項目10点満点として、合計50点満点の評価とする。

1.5,000円以内のもの(10点)
 基本的に慢性的な金欠のゲソは、5,000の出費がぎりぎりのラインなので4,500円はありがたい。また、送料も沖縄は別料金というネット通販があったりするものの、今回は全国一律送料無料。購入後に追加料金もかかることなく表示価格だったので本項目は申し分なく満点。

2.コンパクトで電池式ではないもの(5点)
 届いて見てわかったことだけど、こういった機械類ってやっぱりコンパクトっていってもやっぱり場所を取ると言うこと。使うときはそこまで気にならないんだけれども、保管するとなると、置き場所がなくてそのまま放置してしまっている。洗浄するものの大きさに比例して大きくしないといけないはずなので、なにを投入するか考えて購入しないとなと思った。メガネは試しで入れて見ただけで、本当に洗浄したいものはもっと小さいものなので、さらにコンパクトな感じだと良かった。ということで、半分の5点。

3.カゴ付き(6点)
 これも購入してみてわかったことがあって、それはカゴ付きはそこまで必要ないと言うこと(笑)。それよりもむしろ洗浄槽全体が取り出せる方がより良いと感じてしまった。けれど、カゴはカゴで小さいものをたくさん入れて洗浄する場合には一つ一つ洗浄槽から取り出す必要はなく、一度に全部取り出せるのでこれはこれで便利なので、6点。さらに洗浄槽も脱着できたら満点に近かったと思う。

4.水槽の形状が大きい(6点)
  メガネがしっかり入るサイズなので、水槽の大きさは申し分なし。ただ、洗浄槽が取り外し式ではないので、洗浄後の水を捨てるときには本体ごと傾けて水を捨てる必要があるので、この作業が結構面倒くさい。

5.洗浄力がある(8点)
  43kHzの超振動での洗浄でメガネの汚れが落ちてとても綺麗になった。遠目からはあまり気がつかない汚れも、超音波洗浄機にかけてみるとなかなか汚れが浮いてて結構驚いた。まだメガネにしか使用していないのでなんとも言えないが、現時点でも8点くらいは出せるくらいに洗浄力はあると思う。
総合得点:36/50

総評・まとめ

こういう類のものとして、やっぱり買ってみないとわからないといところがあって、結局買った後にいろいろあれがよかった、これが良かったが出てきたなと思う。この超音波洗浄機も例にもれずその傾向が強かったな。結構満足はしているけどまだまだいいものはありそうな感じのする結果だったと思う。とここまでは自分のまとめとして置いておいて、personal-α Ultrasonic cleaner 自体は洗浄力もおあり、それなりにコンパクト(個人的にはもう少し小さめがいいけど)でもあるので、買って損するものではないと思う。例えば腕時計をよくする人で、バンド部分の細かい汚れが気になる人とかには特にもってこいと思うので、ぜひ一台は家庭に置いておいてもいいくらいとおもう。

0 件のコメント:

コメントを投稿